【動画】エンゼルス大谷翔平、味方の不甲斐なさに思わずブチギレ?7回1失点10奪三振の好投も援護なく10勝目お預け…ネットの反応は

■マリナーズ 5ー1 エンゼルス(日本時間27日・アナハイム)

 エンゼルスの大谷翔平投手は26日(日本時間27日)、本拠地・マリナーズ戦で「2番・投手」で出場した。7回10奪三振5安打1失点と好投したものの、打線の援護なく10勝目はお預けとなった。「最後の本塁打以外は。得点圏でも粘れていたと思います」と振り返った。

 ほぼ完璧な投球だった。ポストシーズン進出を狙うマリナーズとの対決。6回まで無失点と好投したが、7回1死からケルニックに右越えソロを浴びた。3回2死ではクロフォードから98.3マイル(約158.2キロ)のフォーシームで見逃し三振を奪い、今季150奪三振。7回112球を投げ、無四球5安打1失点。今季4度目の2桁10奪三振と力投したが、勝ち星には届かなかった。フォーシームの最速は99.2マイル(約159.6キロ)。

 降板時にはダグアウト内で珍しくバットを叩きつけ、悔しさをあらわにした。「7回をゼロで抑えたかった。若干、球数が多かったので、そこも抑えて、全体的に考えて8回無失点で乗り切る内容ではあったと思うので。勝てなかったのもそうですし、最後に追いつかれるのも自分の責任かなと思います」と悔しさをにじませた。

動画




ネットの声









おすすめの記事